白内障・緑内障の原因と治療法 【目の病気ナビ】

PR

白内障と緑内障の違い

白内障、緑内障というと、目の病気として、主に高齢者に多い症状です。
その原因や治療に関しては、さまざまな方法があります。
人によって、症状もいろいろですが、白内障と緑内障は原因も治療も違います。

 

また、これらは必ずかかる病気とも言えないですから、その病気の違いをはっきりと理解しておく必要があります。
どちらかと言うと、白内障になる方が圧倒的に多いのですが、白内障は病気と言ってもそれほど心配するほどのものではないとされています。
薬の服用や簡単な手術で改善されるとされています。
誰でもなってもおかしくないと言われています。

白内障とは

白内障の原因は、加齢になります
水晶体が白く濁ることで、見えるものが白くなって見えるのが大きな特徴です。
もともと透明の水晶体がタンパク質などで濁ってしまう原因は、目の周りの機能が低下下からと言えます。

 

症状はみえずらい、明るいところに出ると眩しい、メガネが合わなくなる、ぼけて見えるなどです。
痛みなどもなく、80歳以上の方ですと、100%近くの方に症状が現れると言われています。

 

治療は、水晶体を取り替える手術、点眼薬、内服薬等によるもので改善されます。
あっという間に、視界が開けて、後遺症などもありません。

緑内障とは

PR

緑内障は白内障と違い、水晶体ではなくその奥にある房水という液体のながれが悪くなるのが原因です。
眼球の中にある房水は、常に新しいものに取替えられて、球体を保っています。

 

この房水は栄養補給の働きもしていますが、流れが悪いということは、いつまでも古い液体があるために、視界の一部が見えなくなってしまったり、おかしいなと思った時には、かなり進行していることも考えられます。
緑内障の原因は単に加齢というのではなく、視神経の障害になります

 

治療は、薬物、レーザー、手術などで、発見が遅れると失明もするという恐ろしい病気で、白内障とはまったく異質になります。

 

 

スポンサードリンク

 
 

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険