こんなあなたは白内障かも

PR

早期発見のススメ

白内障は突然やってくるわけではありません。
なんとなく違和感があるようで、おかしいなと思って診察をしたら、白内障の診断を受けた、歳も歳だし当たり前と思う方が多いようです。

 

実際に、白内障で診察を受ける場合、ほとんどが初期ではなく、進行している事が多いようです。
これは、白内障自体大した病気ではないと思われていることで、いわば高齢になったら誰でもなるからと思っているところもあります。
80歳代で100%という数字を聞くと、当たり前と思ってしまうのも仕方の無いことかもしれません。

糖尿病チェック 項目は4つ

PR

しかし、白内障は日々のチェックで進行具合がわかります。
ここで、白内障のチェックをしてみてください。

 

目がかすむことはないですか?

なんとなく見えづらい時がたまたまある、霞がかかったような感じがある。

 

光が眩しい

これは季節にもよりますが、今までは違ったのに、というのが目安です。

 

いわゆる鳥目になった?

夜の視界が断然悪くなった場合です。

 

近くはとても見やすい

これは、老眼だね、と誤解することが多いようです。

 

以上のチェックで、すべて当てはまれば、白内障の疑いはかなり高いと言えます。

糖尿病はありませんか?

そして、もう一つの重大なチェックとして、これに気を付けてください。

糖尿病になっている?

これは、糖尿病になっていることを気が付かない場合も、糖尿病白内障の疑いも同時にでてきます。

 

高齢なら、同時期になる場合もあり、血液の中に糖が多く入ることで、血液と血管がもろくなっている場合が考えられます。
4つのチェックとともに、糖尿病がある方は、白内障の検査を受けることをオススメします。

スポンサードリンク

こんなあなたは白内障かも関連ページ

そもそも白内障とは?
白内障もアンチエイジングで、発症そのものを遅らせたり、かからないようにすることもできます。 先天性や遺伝ではない白内障については、ビタミンEの補給、タバコやアルコールの摂取、生活習慣を良くすることで、白内障にかからないようにすることも可能です。
白内障の原因
85歳の方が白内障と聞くと、お年だからと誰もが納得できることです。 この場合、白内障の大部分を占める加齢性白内障、または老人性白内障です。 しかし、若い方も白内障の診断を受けることがあります。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険