緑内障予防の為の日常生活上の注意点

PR

健康第一

緑内障にならないために日常生活で気をつけることは、健康に留意した毎日を送ることです。
これが一番難しいと言われることですが、血管などが健康でなければ、緑内障のリスクが上がるとされていますが、高血圧や糖尿病にように、何かしらの自覚症状がないまま進行していきます。

 

ですから、やはり血管や血液が健康であることを意識して毎日を過ごされることで、リスクを軽減して行く事が大切です。
これは、緑内障ばかりではなく、他の病気の予防にもなります。
加齢によって、発症する病気のほとんどが、こう言われる事になりますし、一番の予防になります。

 

水分に注意を

PR

緑内障になったとしたら、それも初期でという場合、日常生活で気をつけることは、水の飲み方です。
短時間に大量の水分をとると、眼圧をあげてしまうと言われています。

 

真夏の発汗がよほど多い時ではない限り水飲みに関しては、注意をしましょう。
眼圧の上昇はそのほか、カフェインの摂り過ぎも指摘されています。
寝る体勢で、うつぶせ寝も悪いようですから、最低これらのことを気をつけると良いかもしれません。

 

目を大切に

緑内障は目の病気ですから、目に悪いことをしないほうが良いでしょう。
くらいところで作業をする、パソコンなどを使用する時には、必ず目を休める、もちろん長時間の目の酷使は絶対にしないことです。

 

そして、何よりも1日のうちで、ゆっくりと目を休める睡眠を十分に行うことでしょう。
目に悪いこと、健康によい生活を送ることが、結果的な緑内障を予防すると言えます。

 

スポンサードリンク

緑内障予防の為の日常生活上の注意点関連ページ

緑内障手術を受けられる方へ
緑内障の手術を受ける場合、間違ってはいけないのが、手術の経過です。 基本的に、緑内障のどんな手術に関しても、なおるために行うのではなく、これ以上ひどくしないためのものです。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険