飛蚊症(びんぶしょう)

PR

飛蚊症(びんぶしょう)とは?

飛蚊症になると、目の前を黒い点や虫、糸くずのような「浮遊物」が飛んでいるように見える目の病気です。この病気の症状として、まばたきや視線を動かしても、この浮遊物は一緒に移動し、目をこすっても全く消えることはないところです。

 

特に明るい所ではっきりと見えます。

 

ほとんどの場合、問題はありませんが、重大な病気の「初期症状」として飛蚊症があらわれる場合もありますので、眼科専門医で検査するのをおすすめします。

 

なぜ黒い点・糸くずのようなものが見えるのか

PR

硝子体とその奥の網膜は、ぴったりとくっついています。

 

健康な人の目の眼球は丸なのですが、近視の人の目の眼球は楕円形になっています。

 

硝子体はゼリー状で、老化や近視眼で収縮します。収縮すると網膜と硝子体とは離れてしまいます。これが硝子体剥離という状態。

 

この時、もとの接着部分が硝子体の混濁となります。そしてその影が飛蚊症となるのです。

 

本来この接着部分は一つの輪ですが、やがてその輪がくずれて幾つにも分かれます。

 

従って通常飛は蚊症は、最初のうち一つの大きな黒い輪のようなものが見えます。やがて小さな幾つもの黒点に数が増え、位置が変わって、徐々に少なくなります。

 

この症状は、いずれ気付かなくなることもあります。

治療法

飛蚊症の治療には、レーザー治療が行われます。レーザーで濁っている部分を分散することにより、症状を軽くすることができます。

 

眼科で治療をしてもらうことになりますが、治療法について納得がいかなかった場合には、他の眼科の医師に尋ねてみるなども一つの方法です。

 

眼科の医師と飛蚊症の治療方針について良く相談して、治療をして下さい。

スポンサードリンク

飛蚊症(びんぶしょう)関連ページ

失明する危険のある目の病気
目の異常は、モノの見え方がおかしいから始まりますが、視界が大きく変わる前に、飛蚊症のように、何かがあると思うことが多いようです。 それと同時に、目が乾くドライアイです。
糖尿病網膜症について
糖尿病になると、血管内が細くなってしまったり、硬くなることで、血液の流れが悪くなります。 その血液自体も、糖分の含んだ、いわゆるドロドロの状態になりますから、網膜などの毛細血管などでは、血行不良を及ぼすとされています。
網膜色素変性症について
最初の症状として、夜盲になった気がすることが多く、そのうちに視野が狭くなることを実感します。 この時点で、何かおかしいと気付く方が多いようです。 もしかして、視界が狭いと感じた方は、即病院で検査をしてみると良いでしょう。
加齢黄斑変性とは
日本では、それほど知られていない病気ですが、アメリカ等では失明のトップを占める病気とされています。 50歳代からの目の病気として、最近は名前も聞くようになっています。
ドライアイではないですか?
目が乾く程度と思っていたら、傷ができることで、ドライアイも立派な病気となってしまうのです。 現代社会において、目を酷使するシーンはとても多く、疲れ目で目薬を欠かせないとか、最近目の調子がとても悪いと感じている方も多いです。
結膜炎
結膜炎とは、白目とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜(結膜)が炎症を起こし、赤く充血する病気です。さまざまな種類があり伝染力が強くうつりやすい種類もありますので注意が必要です。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険