結膜炎

PR

結膜炎の症状

結膜炎とは、白目とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜(結膜)が炎症を起こし、赤く充血する病気です。

 

ひとくちに結膜炎といってもアレルギーで起こるアレルギー性結膜炎や、感染性結膜炎と言われている感染で起こる細菌性結膜炎、ウィルス性結膜炎など、さまざまな種類があります。

 

伝染力が強くうつりやすい種類もありますので、ほかの人に感染しないように注意が必要なものもあります。

 

原因や症状も種類によって違うので、それぞれの注意点を見てゆきましょう。

 

アレルギー性結膜炎

PR

アレルギー性結膜炎とは、目の充血やかゆみがアレルギー反応により起こる病気。日本人のおよそ15〜20%がかかっていると言われ、近年アレルギー性結膜炎の人はますます増えていると考えられています。

 

アレルギー性結膜炎には、ダニやハウスダストなどのように1年を通して存在するものが原因の「通年性アレルギー性結膜炎」、花粉症のように季節的になる「季節性アレルギー性結膜炎」、そして、冬には良くなるが春から秋にかけて症状が悪化するということを繰り返す「春季カタル」などがあります。

 

アレルギー性結膜炎の自覚症状として、「ゴロゴロする」、「目がかゆい」、「目やにが多い」などがあります。

 

「季節性アレルギー性結膜炎」の場合、ほとんどはヒノキやスギなどの花粉による結膜炎で、毎年春ごろの決まった時期に目の激しいかゆみなどの症状がみられます。しかも患者の約7割が花粉症症状でもあるアレルギー性鼻炎もあわせて発症するといわれています。

 

一方「通年性アレルギー性結膜炎」の場合はダニやハウスダストなど、原因がほぼ一年通して存在します。そのため症状に季節性はみられず、慢性化しやすいと言われています。

 

より重症のアレルギー性結膜炎である「春季カタル」の場合は、結膜に石垣のような凸凹ができます。
子どもに多く重症なアレルギー性結膜炎で、特に小学生の男の子が多く見られ、白い糸状の目やにや激しい目のかゆみやの症状があります。
原因としてはダニやハウスダストが考えられます。またその他に花粉や動物のフケなど多種類のものが関わる時もみられます。成長してゆくと自然によくなることも多いようですが、アトピー性皮膚炎も一緒に合併している場合は、なかなか治りにくい傾向があるようです。

感染性結膜炎

感染性結膜炎の原因には、大きく分けて「細菌による感染」と「ウイルスによる感染」があります。

 

目に細菌やウイルスが感染し、白目の一番表面の膜である結膜が炎症を起こす病気です。目ヤニやかゆみなど目に不快な症状があらわれることがほとんどですが、プール熱のように目の不快な症状だけでなく、発熱やのどの痛みといった、かぜに似た症状を引き起こす場合もあります。

 

また結膜炎の種類によっては、人に感染する力がとても強い場合があります。感染の予防に心掛けましょう。

 

感染予防に以下の事に注意しましょう!
・手をこまめに洗う
・顔を拭くタオルを家族と共有しないように注意
・お風呂は最後に入るか、シャワーなどですませるようにしましょう

スポンサードリンク

結膜炎関連ページ

失明する危険のある目の病気
目の異常は、モノの見え方がおかしいから始まりますが、視界が大きく変わる前に、飛蚊症のように、何かがあると思うことが多いようです。 それと同時に、目が乾くドライアイです。
糖尿病網膜症について
糖尿病になると、血管内が細くなってしまったり、硬くなることで、血液の流れが悪くなります。 その血液自体も、糖分の含んだ、いわゆるドロドロの状態になりますから、網膜などの毛細血管などでは、血行不良を及ぼすとされています。
網膜色素変性症について
最初の症状として、夜盲になった気がすることが多く、そのうちに視野が狭くなることを実感します。 この時点で、何かおかしいと気付く方が多いようです。 もしかして、視界が狭いと感じた方は、即病院で検査をしてみると良いでしょう。
加齢黄斑変性とは
日本では、それほど知られていない病気ですが、アメリカ等では失明のトップを占める病気とされています。 50歳代からの目の病気として、最近は名前も聞くようになっています。
ドライアイではないですか?
目が乾く程度と思っていたら、傷ができることで、ドライアイも立派な病気となってしまうのです。 現代社会において、目を酷使するシーンはとても多く、疲れ目で目薬を欠かせないとか、最近目の調子がとても悪いと感じている方も多いです。
飛蚊症(びんぶしょう)
白内障、緑内障以外の目の病気について見ていきます。目の病気はいろいろあります。 加齢が原因と言われる目の病気も、失明をするかもしれないという可能性があるものもあります。日頃のケアが大切になってきます。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険