白内障の手術

PR

手術はしたくない、けれど…

白内障は手術を行うことが多いとされています。
特に、生活をして行く上で、どうしても不自由な思いをする場合は、まずは手術をするように指示されることが多いようです。

 

本来、白内障の場合、薬は進行防止のために使われることが多いことから、治したいということであれば、手術をするほうが良いとされています。
この手術方法は水晶体の濁りを取る事ができればよいのですが、現在の手術は水晶体ごと取り替えるのが一般的です。
これを聞いたら、とんでもないと思う方も多いですが、そうすることが最善と言われています。

手術の方法

PR

白内障の手術は、白目と黒目の間を数ミリ切除して、水晶体の前の部分り前嚢と言われる部分の中央だけを切り抜きます。
そこに、超音波チップを入れて、濁りの部分の吸引を行います。

 

その後、残った嚢に眼内レンズを入れることで、濁った水晶体はなくなることになります。
ここまででだいたい20分かからない程度の簡単な手術になります。

 

痛みも少なくあっという間に終わったという印象を持たれる方が多いようです。
日帰りでも行える手術で、すぐに快適に視界を約束することができます。

こんな方に手術がオススメ

具体的に手術がすすめられるのは、文字が読めない、運転ができない、仕事ができないなどの事が有る場合です。
こうしたことがあるときには、一応白内障の目安になると思ってください。

 

なお、白内障はあまりにも進行している場合には、手術ができないケースも多く見受けられます。
ですから、手術の早い方が良いとされています。

スポンサードリンク

白内障の手術関連ページ

白内障は予防できる
白内障にならないためには、健康な毎日を過ごすことが大切です。と同時に、目を守る生活を心得ることが必要になります。 しかし、具体的には何に気をつければよいか? 健康的な生活とは?と思う方も多いでしょう。 まず、最初に考えて欲しいのは、活性酸素の存在です。
白内障になったら
ものがぼやけたり、異常を感じたり、左右の目の明るさに違いを感じたなんていう時には、年齢関係なく、医師に相談をしてみてください。 特に、片目でのものの見え方には注意をしてみてください。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険