【緑内障】の基礎知識

PR

視神経の異常

緑内障とは、白内障と同じではありません。
視界が狭くなるという意味では、白内障と似たようなことがありますが、霞がかかることではなく、どこかの箇所がいきなり見えなくなってしまうものです。
その見え方にも統一性がありません。
これは、視神経が萎縮をしてしまうからです。

 

いわゆる眼圧の影響なのですが、目は房水と呼ばれる液体の圧力によってコントロールされています。
そこの異常により、栄養がうまくいかなくなって、視神経に影響があるとされています。

失明するかも?

PR

はっきりと白内障とは違うのは、緑内障は失明をしてしまうおそれがある恐ろしい病気であるということです。
神経に対しての障害ですから、もとに戻ることなく、萎縮は進行していきます、

 

何もしないで放置していると、やがて失明をしてしまうのです。
眼圧が高いとは房水が眼球で満たされて、必要な栄養と老廃物を回しているのですが、その時にちょうど良い圧力で、目を形成しています。
緑内障は、房水が過剰に増えることで視神経を圧迫してしまうことになります。

日頃からのチェックを

要するに、視神経が潰される状態を作ってしまうことが緑内障です。
原因は様々ですが、後発性の場合のほとんどが加齢によるものです。

 

健康診断の中にも眼圧検査は含まれていて、実際に自分の目の健康をチェックすることができます。
緑内障は完治することができない、神経をもとに戻すことはできませんから、もし見つかったとしても、進行を遅らせる方法しかないとされています。

スポンサードリンク

【緑内障】の基礎知識記事一覧

こんなあなたは緑内障かも

緑内障かどうかのチェック方法はいろいろとあります。製薬会社の大掛かりなチェックシートは、パソコン画面を操作して行うものです。簡単な操作で、どこまで緑内障が進んでいるかなどをチェックすることができます。もちろん病院に相談をして、緑内障チェックをすることもできます。しかし、その前に、緑内障?と疑う何かが...

≫続きを読む

 

そもそも緑内障とは?

緑内障は目が緑になる?白内障は、水晶体が白く濁ることから、ネーミングにも説得力がありますが、緑内障というのですから、緑色の何かがあると思うのも納得です。しかし、緑色のものの出現はないとされています。説はいろいろですが、ヨーロッパでの昔の文献で、眼の中が濁る病気とされているのが緑内障です。要するに、視...

≫続きを読む

 

緑内障の原因

緑内障の原因は、球体の中にある房水の流れが悪くなることで、視神経を圧迫して、モノの見え方を変えます。球体は、バランスの良い房水によって形も圧力も保たれていますが、何かの都合で、その圧力が大きくなってしまうことが、緑内障の原因です。では、房水の暴走の原因、眼圧が大きくなってしまう原因は?というと、はっ...

≫続きを読む

 

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険