【緑内障】の予防と対策方法!

PR

房水とは

緑内障を語る時に出てくる房水。
房水の役目は、いわば血液と血管のような働きで、角膜や水晶体、硝子体に酸素や栄養分を補給しています。
これらの箇所には、血管がありません。
というのも球体の中ですから、全ては房水の質が問題になります。

 

そして、その量が多すぎることで、いわゆる球体の中の圧力が高くなったりしますが、高くなりすぎた時に、視神経を刺激する事があります。
すなわち、それが緑内障の症状になります。
要するに、房水の圧力を挙げないようにすることが、緑内障対策と言えます。

房水が詰まると

PR

白内障、緑内障

房水には、老廃物を排出をするための出口があります。
そこが詰まることで、眼圧が高くなると言われていますが、それを左右する原因として、動脈硬化、眼の酷使、眼精疲労の蓄積などがあります。

 

その中で、深刻なのは動脈硬化です。
動脈硬化は、血管のつまりが原因でなってしまうのですが、そこまでいかなくとも高血圧、糖尿病などになってしまうことでリスクが高いと言われています。
ということは、これらの病気にかからないことも緑内障の予防になります。


緑内障の予防

緑内障の予防というと、健康的な生活とか、バランスのとれた食事と言われるのは、血管の健康が大切ということがあるからです。
メタボリック症候群になったりすることでも緑内障にかかりやすくなると言われていますから、予防と対策というと、健康診断などで、常に合格点の体になることでしょう。
そのことで、絶対に緑内障にならない保証はありませんが、可能性は低くなると言えます。

スポンサードリンク

【緑内障】の予防と対策方法!記事一覧

緑内障は予防できる

緑内障は、房水と言われる球体のなかの圧力が高くなって視神経を刺激し、ものが欠けて見える症状です。この時の眼圧はとても高い数値になっていることから、発見されることが多いのです。しかし、日本人の緑内障の中で、正常眼圧緑内障がとても多いと言われています。これは、眼圧の数値は正常なのに、視神経に異常が起きて...

≫続きを読む

 

緑内障になったら

緑内障になったら、病院へ行くことになります。視界の一部に影ができることで、おかしいと思うことがありますが、もし年齢が若い方で、そんな緑内障なんてと思う方も多いことでしょう。ところが、現在40代で20人に1人は、緑内障になっている可能性が高いと言われています。高齢者の病気ではないのですが、どうしても緑...

≫続きを読む

 

緑内障の手術

緑内障の手術をする目的は、眼圧を下げること、視神経に対する負担を小さくして、視野や視力を現状維持で保持させることにあります。普通の病気とは違い、手術をして完治する、回復するということではありません。緑内障に関しては、一度かかってしまったら、完治はなく、現状維持が精一杯の治療と言えます。最も手術に至る...

≫続きを読む

 

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険