緑内障は予防できる

PR

緑内障と日本人

緑内障は、房水と言われる球体のなかの圧力が高くなって視神経を刺激し、ものが欠けて見える症状です。
この時の眼圧はとても高い数値になっていることから、発見されることが多いのです。
しかし、日本人の緑内障の中で、正常眼圧緑内障がとても多いと言われています。

 

これは、眼圧の数値は正常なのに、視神経に異常が起きて、緑内障になります。
日本人の角膜の厚みが諸外国の方々と比較をすると薄いと言われています。
オーバーな表現ですが、だからこそ予防も必要と言い方もできます。

正常眼圧緑内障とは?

PR

角膜が薄いと、眼圧が高くても、数値が低くなってしまう事がありますから、眼圧が正常でも眼の異常がある時には、緑内障の他の検査もしてもらいましょう。
眼圧が高くなるというのは、血管の健康などが指摘されますが、日本人は正常眼圧緑内障というのですから、予防は他のことを考えなければなりません。

 

ところが日本人だからこそ、緑内障のリスクが高くなるというものもあります。
それは、近視です。

緑内障と近視

近視は、視神経乳頭部分が弱いとされています。
眼圧が低くても、緑内障になるリスクが上がると言われています。

 

最初から視神経に弱い部分を持ってしまっている近視の方は、それ以上視力を落とさないようにすることが、緑内障の予防になります。
そして、やはり血行も正常眼圧緑内障と関連があるとの報告がありますから、しっかりと予防したい方は、健康を意識しましょう。
それと同時に、目を大切にする生活をすることは緑内障対策になります。

スポンサードリンク

緑内障は予防できる関連ページ

緑内障になったら
一度失った視神経は回復することはできませんが、治療で、現状維持をすることは可能です。 あとは医師の指示に従い、緑内障の進行を防止することが大切です。
緑内障の手術
緑内障の手術をする目的は、眼圧を下げること、視神経に対する負担を小さくして、視野や視力を現状維持で保持させることにあります。 普通の病気とは違い、手術をして完治する、回復するということではありません。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険