緑内障になったら

PR

おかしいと思ったら病院へ

緑内障になったら、病院へ行くことになります。
視界の一部に影ができることで、おかしいと思うことがありますが、もし年齢が若い方で、そんな緑内障なんてと思う方も多いことでしょう。

 

ところが、現在40代で20人に1人は、緑内障になっている可能性が高いと言われています。
高齢者の病気ではないのですが、どうしても緑内障と言うと失明が頭をよぎります。
治らない病気、神経はもとには戻らないですが、早期発見が何よりも大切です。
治すための治療ではなく、悪化しないための治療を行うことで、一生経過だけでOKになります。

緑内障の治療

PR

緑内障になったら、治療を開始しますが、点眼薬や手術と言った方法が選択されます。
点眼薬などで様子見ができればベストですが、失明になるかもしれないと心配ばかりをするのではなく、今見つけて良かった、悪化せずに済むと考えたほうが良いでしょう。
一度失った視神経は回復することはできませんが、治療で、現状維持をすることは可能です。
あとは医師の指示に従い、緑内障の進行を防止することが大切です。

早期発見なら安心

視界が狭くなった、一部分の視界がおかしいという時には、医師に相談をしてみてください。
この時に眼圧と言って、球体の状態をみることになりますが、単に見えにくいだけの倍もありますし、眼圧は正常なのに、緑内障になってしまうケースなど様々です。
いずれも、早期発見ならそれほど心配のないことで、治療さえ行なっていれば、失明のリスクも減ると言われています。

スポンサードリンク

緑内障になったら関連ページ

緑内障は予防できる
角膜が薄いと、眼圧が高くても、数値が低くなってしまう事がありますから、眼圧が正常でも眼の異常がある時には、緑内障の他の検査もしてもらいましょう。
緑内障の手術
緑内障の手術をする目的は、眼圧を下げること、視神経に対する負担を小さくして、視野や視力を現状維持で保持させることにあります。 普通の病気とは違い、手術をして完治する、回復するということではありません。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険