緑内障の手術

PR

緑内障の手術の必要性

緑内障の手術をする目的は、眼圧を下げること、視神経に対する負担を小さくして、視野や視力を現状維持で保持させることにあります。
普通の病気とは違い、手術をして完治する、回復するということではありません。

 

緑内障に関しては、一度かかってしまったら、完治はなく、現状維持が精一杯の治療と言えます。
最も手術に至ることなく、点眼薬やレーザー治療での簡易的な方法で、現状維持ができればベストですが、やむを得ず手術に至ったとしても、今の視野が保てるのなら、それはそれでラッキーということになると思ってください。

代表的な2つの手術

PR

緑内障の手術で、トラベクロトミー、線維柱帯切除術は、房水を外に出すことで眼圧を下げるため、線維柱帯を切開することで、房水の排出を良くするものです。
この手術は、術後の感染症にかかりにくいものとされていますが、眼圧の下がり方が鈍く、長期的な効果が望めない点がデメリットになっていますが、何回もできる手術です。

 

トラベクレクトミーは、眼の外から穴をあけて、房水を継続的に排出させる方法です。
こちらは、すぐに眼圧が下がり効果は絶大です。

 

ただ、穴をあけることで、感染症が起こりやすく、手術も難しいものとされています。
このように、2つの手術に関しては、それぞれに一長一短があり、どちらの手術を選択するかに関しては、医師の判断が待たれるところです。

白内障との同時手術

緑内障と同時に白内障の手術も行うケースもあります。
白内障の手術自体は簡単なものですが、緑内障であることが深い関係にある時には、トラベクレクロトミーなどを同時に行うことがあります。

スポンサードリンク

緑内障の手術関連ページ

緑内障は予防できる
角膜が薄いと、眼圧が高くても、数値が低くなってしまう事がありますから、眼圧が正常でも眼の異常がある時には、緑内障の他の検査もしてもらいましょう。
緑内障になったら
一度失った視神経は回復することはできませんが、治療で、現状維持をすることは可能です。 あとは医師の指示に従い、緑内障の進行を防止することが大切です。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険