目が悪いと保険に入れない?

PR

以前は無理でした

目の病気にかかっていると保険には入れない。
確かにそんな時代もありますし、今でも入れない保険は存在します。

 

これは、告知などで、目の病気になっているのに、生命保険に入ってすぐに保険金請求、なんていうことは完全な告知義務違反になります。
目の病気は特に重いものとされ、失明の場合は、死亡保険金並の金額が支払われることが多いです。
ですから、最初から目の病気を持っていることで加入をすることは、絶対にあってはならないものです。
こうして目の病気がある方については、入ってはいけない保険がある時代が長く続いていました。

病気でも加入ができる

PR

最近では、持病があっても入れる保険が数多く販売されています。
目の病気も同様です。
この場合、保険料が高かったり、保険金の額が下がることが特徴ですが、目の病気ですけれど、堂々と加入することができます。

 

どんな方でも加入ができますという保険ですと。目の病気の有無もなく無条件でカニュすることが可能です。
健康な方と同じ条件ではありませんが、少なくとも保険があるという安心感は違います。
保険料が高いくらいですから、是非検討をしてみてください。

保険もいろいろ

保険の多様化は、ここ最近のことです。
目の病気だからこそ、これからのために生命保険がほしいというのは正直なところ。
保険会社にしたら、保険金請求が高くなるのは当たり前、というところでしたが、最近の保険や病気の動向などによって、現在は、持病があっても入れる保険の種類はとても増えました。

スポンサードリンク

目が悪いと保険に入れない?関連ページ

目の治療と医療保険
以前は、高齢者のみの病気でしたが、最近では40代でも、緑内障や白内障などの病気にかかり、手術を受けることはそんなに珍しくないとされています。 医療保険に入っていることで、保険金請求額が上昇しているのも納得です。

 
白内障予防 白内障の手術 緑内障予防 緑内障の手術 目の病気と保険